レーザー治療 | 美容皮膚科

  1. 新宿新南口クリニックTOP >
  2. 美容皮膚科のご案内 >
  3. 美容皮膚科 料金表一覧 > レーザー治療

大きくて濃いシミやホクロにお悩みならやはりレーザーが確実です

シミ・ホクロ・ソバカス・肝斑・ホクロ・イボなど、メークで隠せない悩みを何とかしたい!という方はレーザー治療をおすすめします。カサブタがとれるまでの時間を考慮して休暇前がいいかもしれません。

■レーザー治療とは

レーザーで表皮のメラニンを壊して除去する治療です。照射後カサブタ状になることもありますが、約1週間で取れて新しい皮膚へ変わります。レーザーを使用することで周辺の正常な肌への影響を最小限に抑え、ほぼ通院もなくアフターケアできます。

・シミ(=老人性色素斑)の治療とは
老化・ニキビなど皮膚トラブルが原因で角質内にメラニンが残った状態です。最初は小さく薄かったものが年々大きくなり、色も濃くなってきます。範囲にもよりますが、治療はほぼ1回で終了。その後数ヵ月のアフターケアで終了します。

・ホクロ(=黒子)の治療とは
メラノサイト(母斑細胞)が増えて集まったもの。茶色は表皮内、黒色は真皮内に入り込んだもの。ホクロのレーザー治療は、まず炭酸ガス(CO2) レーザーで気ならない程度の深さまで削り、大きさや深さによって色素を破壊するレーザーを用いる2ステップで行うことがあります。

・ソバカス
ソバカスは小児に現れることが多く遺伝の影響を受けます。大人になってからのソバカスは、二次性の色素沈着や、老人性色素斑であることも。ソバカスはレーザー照射で表皮のメラニンを壊す治療になりますが、レーザーフェイシャルを用いるなどメラニンを少しずつ減らしていく治療がおすすめです。

・かんぱん(肝斑)
茶か黒の斑点が出てくる症状で、ほほあたりに多く見られます。肝斑は何らかの刺激によって自覚のないまま炎症が生じて発生したものであり、レーザー治療は禁忌とされてきました。治療することでさらなる刺激や炎症がメラニンを増生させる恐れがあるためです。肝斑は刺激に対して肌が過剰に反応するために生じる症状ですので、レーザーフェイシャルなど、刺激の少ない治療を行います。その後は内服薬も重要になります。

●レーザーフェイシャルとは
医療用脱毛機のロングパルスアレキサンドライトレーザーの最適な出力で顔全体に照射します。メラニン色素に反応して、透明感のある肌へ導くとともに、顔の脱毛も期待できる施術です。
さらにコラーゲンの生成を促し、ハリのある肌へと導き、皮脂腺を縮小させるため、皮脂の過剰分泌にも適応の施術です。
また、肌全体にハリが出るため、小じわや毛穴の引き締めにもなり、脱毛効果によって毛が細くなるため、毛穴自体の縮小が可能です。

■使用レーザー

Q-スイッチアレキサンドライトレーザー

【主な適応疾患】 

太田母斑、蒙古斑、異所性蒙古斑、扁平母斑、雀卵斑、母斑細胞母斑、ホクロ、老人性色素斑、色素沈着、瘢痕、外傷性刺青 等

○米国キャンデラ社製(現シネロン・キャンデラ社)
ALEXLAZR(アレックスレーザー)

【特長】

メラニンに非常に吸収されやすい波長であるため、皮膚良性色素性疾患に利用
波長:755㎜

○米国サイノシュア社製
Apogee(アポジー)

【特長】

レーザーの設定次第で脱毛から肝斑、毛穴の引き締め、タルミの治療等を行うことが可能。
波長:755nm

炭酸ガスレーザー

【主な適応疾患】

黒子、表皮母斑、脂肪漏性角化症、汗菅腫、アクロコルドン、尋常性疣贅、青年性扁平疣贅 など

【特長】

水に反応する特長のあるレーザー炭酸ガスレーザーで、ホクロなどに照射すると瞬間的に治療部位が見る見る蒸散するようになくなり、出血をさせずに切除できます。
波長:10,600nm

レーザー治療/シミ・ソバカス・肝斑
シミ取り(老人性色素斑)/1回 ¥4.500/直径3mm(1ショット)単位
レーザーフェイシャル/1回 ¥35,000/全顔

※表示価格は全て税抜きとなっております

ホクロ/レーザー治療
ホクロ/1回 ¥3,500/直径3mm(1ショット)単位

※表示価格は全て税抜きとなっております
※3mmに満たない小さいホクロは10個まで¥20,000 以降は1個ごと¥1.500

イボ/レーザー治療
イボ/1回 ¥3,000/直径3mm(1ショット)単位
3mm以下の首イボ ¥80,000

※表示価格は全て税抜きとなっております