脂肪溶解注射(ミケランジェロ) | 美容皮膚科

  1. 新宿新南口クリニックTOP >
  2. 美容皮膚科のご案内 >
  3. 美容皮膚科 料金表一覧 > 脂肪溶解注射(ミケランジェロ)

リバウンドもダウンタイムも気にせず
落としにくい二の腕やあご下の脂肪を減らす!

全体的な肥満ではなく部分肥満が気になる方におすすめです。

■脂肪溶解注射とは

よく「年齢で脂肪がつきやすくなって……」と言いますが、人間の脂肪細胞は、どの部位にどれくらいつくか8~10歳頃までに決まると言われています。肥満の資質は年齢ではなく育った環境と遺伝に左右されると言っても過言ではありません。また脂肪細胞の数は変わることがないため、体重は標準でも臀部に余分な肉が多い、お腹に脂肪がつきやすいなど、人によって肥満傾向が違うのもこのためです。背中やヒップ、二の腕など、自力でのダイエットだけでは痩せるのが難しい部位におすすめなのが、脂肪溶解注射による部分痩せです。
また、ピンポイントで脂肪を落とせるためあごのたるみの脂肪にも有効ですのでスッキリしたフェイスラインを出すのどの小顔作りにもおすすめです。
■脂肪溶解注射のメリットは?

脂肪溶解注射のメリットは脂肪吸引のようにメスを使わず、跡が残らないこと。気になる部位をターゲットに短時間でやせることができ、分解された脂肪は尿や汗と一緒に排出されるのでダウンタイムも心配ありません。何よりも脂肪細胞自体を減少させるためリバウンドしにくいのが最大のメリットといえます。

■脂肪溶解成分「ミケランジェロ」について

当院ではデオキシコール酸Naを主成分とした「ミケランジェロ」を用い、脂肪量により5mm~1cm間隔で注射していきます。医師が対象部位の脂肪量を判断したうえで、的確な量をご提案しますので安心してお任せください。

※ミケランジェロ
イタリアで開発された最新脂肪溶解注射です。脂肪細胞の中の脂肪量を効果的に減らし、ひとつひとつの脂肪細胞を縮小させることで確実な部分痩せが可能になります。
従来の脂肪溶解注射(フォスファチジルコリン)による施術では内出血、腫れ、痛みが出る場合もありましたが、ミケランジェロには脂肪を燃焼させるカルニチン、代謝を高めてドレナージ(体内の余分な水分などを排泄する事)を促すカフェイン、抗酸化作用を高めるαリポ酸などがブレンドされているため、腫れを最小限に抑えて生活の制限がほとんどありません。
こんな方におすすめです
・従来の脂肪溶解注射(フォスファチジルコリン)で痛みや内出血・腫れなどがあった方
・細かい部分のダイエットをご希望の方
・運動だけではなかなか落ちない部分(太ももや二の腕など)を落としたい
・ダウンタイムが気になる方
・筋肉は落とさず脂肪のみを落としたい方
・美しくボディデザインをしたい方

ミケランジェロ(脂肪溶解注射)の不適応
1.大豆アレルギー
2.妊婦又は授乳中
3.心臓疾患、糖尿病、血液凝集障害がある
4.自己免疫疾患がある
5.肝障害がある

脂肪溶解注射(MIckelangelo) 
1単位/1回 ¥40,000
2単位/1回 ¥70,000
1単位/3回 ¥100,000
2単位/3回 ¥180,000

※注入の1単位の範囲はおおよそ手のひらサイズ(10cm×10cm)が目安です。
※顔は専用のマイクロカニューレ(針)別途 ¥1,500が必要です。              

部位別の概算
あご下 ¥40,000~
二の腕(両腕) ¥80,000〜¥160,000
上腹部 ¥40,000〜¥160,000
下腹部 ¥40,000〜¥160,000
大腿内側 ¥80,000〜¥160,000
大腿外側 ¥80,000〜¥160,000
大腿前面/ひざ上 ¥80,000〜¥160,000
お尻下部 ¥80,000〜¥160,000
ふくらはぎ ¥80,000〜¥160,000

診察により決定しますので診察により決定しますので個人差があります。
※表示価格は全て税抜きとなっております

Haijeta(ハイジェッタ)について

非常に細い針(単針・3針)で注射器の適正内圧の注入が可能で量や注入時間を目安にプログラムを選択するだけで一定の間隔で薬剤を注入する自動インジェクターです。
皮膚内の圧力がかからず痛みの少ない注射法です。


ヒアルロン酸注入、BOTOX注入、幹細胞上清液の注入、またヘアーフィラーや水光注射として比較的広い面積の薬剤の適正な注入に使用します。